看護師・ナース用の聴診器通販

聴診器は本当に質によって聞こえ方が変わります。

聴診は診察において非常に重要です。
そのため、自分にしっくりなじむ聴診器を見つけることで必要です。

 


 

聴診器を選ぶポイント

聴診器を選ぶ際に、ノーブランドでも良いから低価格なものを選択するという方もいる一方で、早い時期から性能や品質にこだわって、ブランドものを購入する方も多いようです。

ブランドものは、低価格の聴診器に比べ、音の聴こえが良く、特に細かい心雑音を聞き取る必要のある診療科目の医師や看護師に重宝されるようです。

診療科目や仕事内容によっても聞き取る必要のある心音の種類は変わってきますので、それぞれに相応しい聴診器を選ぶ必要があります。

 

また、聴診器は身に付けて使用するものだからこそ、音質は良くても重くて肩がこるため、軽いものの方が良い、イヤーピースが耳に合わない、など人によっても、選ぶポイントは異なってきます。

 

一般的に選ぶ際にチェックするポイントとしては、

  • 同一面で、低・高周波を診察可能かどうか。
  • 軽量で持ち運びやすいか。
  • イヤーチップが柔らかく、耳の摩擦が少ないかどうか。
  • チューブや耳管部分も丈夫かどうか。
  • チューブの長さが、患者さんと程よい距離をおいて聴診できるような長さかどうか。
  • また、患者さんの肌に冷感を与えないノンチルカバー付きであることや、アレルギーの方にも安心のラテックスフリーかどうか。

など上記のポイントがあげられます。